セルフでできる中古住宅のリフォームや修繕方法

中古住宅のリフォームを自分でする

>

自分自身でリフォーム可能な場所

フローリングを自分で貼る

セルフのリフォームでここ最近増加傾向にあるのは、フローリングの板を自分で貼っていくということです。
元々のフローリングの色があまり好きではないので変えるという方がたくさんいる模様です。
例えば、傷や汚れが目立たない色や部屋が明るくなるような色にしていくような感じですね。

道具が必要な板ももちろんあるのですが、その板やフローリングの種類によってはただ切って貼っていくだけというDIYが得意じゃないという方でも出来る簡単なもののありますので「私には無理かな」と悩まれる必要はございません。

一つだけ気を付けておきたいのが、床暖房を希望されている方は先にそっちをしてもらってから貼っていくようにするのをお忘れなく。

自分の好きな壁紙へ

自分の部屋や家を自分でアレンジしていくことの定番のリフォームと言えば、やはり壁紙の張替えです。
この方法は別に中古住宅だけでなく、お店などでも当たり前に行われているセルフのリフォームです。

壁紙の張替えの魅力は、なんと言ってもデザインがたくさんあるので自分好みなのが必ずと言っていいほど見つかる可能性が高いということです。
中にはすでに道具も付いているものや、切って貼るだけのものももちろんあります。

しかも壁紙自体も、ホームセンターや百円ショップでも普通に売られていますので飽きたり汚れたりしたらすぐに変えることが可能です。

このように、わざわざプロに依頼しなくても自分の手で出来るリフォームもたくさんありますので、是非ともお試しください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る